2017/10/21(Sat)「最終防除イベント」を実施しました

豊橋中央高等学校大山グラウンドにある池では、2013年11月に防除が行われて以来2年間、再生が確認されていなかったが、2016年に再生が確認されました。このため、土地の所有者である豊橋中央高等学校の学生の協力のもと、除去作業を行いました。この除去作業は、大規模な防除活動としては最後のものとなると予想されることから「最終防除」と称し、愛知県・豊橋市の後援を得て執り行いました。
 
豊橋中央高等学校からは学生25名、教職員2名に参加いただきました。また、近畿大の学生ボランティアや当会の会員も加わり、総勢33人で防除の実施と活動記録を行いました。この他、中部地方環境事務所、愛知県、豊橋市からも職員の方が激励に来て下さり、当会のスタッフや大学生ボランティアも含め、多様な人々と交流することができました。